RIZINのリングにプロレスラーが立つ日は来るのか!?

RZINが大晦日に開催された「RIZIN.20」の視聴率が振るわなかったことをネタに笑、「RIZIN視聴率補完計画」というのをツイッターで企画をしていますね。

どれくらいの本気度でやっているのかは分からないんですが、ファンとの一体感も生まれるし、もしかしたら本当に良いアイデアが出てくるかも知れない。けっこう面白い企画だと思っています。

ファンの人たちが提案する「RIZIN視聴率補完計画」の中に「プロレスラーを参戦させる」というアイデアがあったんですよね。

かつてのPRIDEではプロレスラーの活躍が目立ちました。桜庭和志、藤田和之、アレクサンダー大塚、高山善廣、田村潔など。あ、高田(元)本部長もそうですよね笑。

PRIDEのリングには上がっていませんが、永田裕志も総合格闘技に挑戦しています。ドラゴンゲートのストーカー市川も実はDEEPで総合格闘技にチャレンジしていたという事実!

プロレスラーが総合格闘技のルールで試合をするというのは、少し前まで珍しいことではありませんでした。

しかし、近年の日本では藤田和之をのぞいて、そのような例はあまり見られません。その藤田も最近ではプロレスラーとしての活動が多くなり、総合格闘技からは遠ざかっているような印象です。

だって、プロレスラーは不利ですよ…。

普段彼らがしている練習というのはあくまでもプロレスの練習なので、総合格闘技の練習とは全くタイプが異なりますよね。多少は応用できる部分もあるとは思いますが、価値観の全く異なる競技の練習を普段しているプロレスラーが総合格闘技にアジャストできる可能性は低いと考えています。

近年の総合格闘技は技術水準も非常にハイレベルになっているので、習得にも非常に時間がかかると言われています。そのような事情も考慮すると、なおさらレスラーが総合にアジャストすることの難しさを感じます。

PRIDE時代にあのホイス・グレイシー戦をはじめとする数多くの勝利をあげた桜庭和志の場合は、学生時代のアマレスの経験とUWFインターナショナルにキングダムという格闘技色の強い団体での経験が非常にうまく作用したのだと思います。希少種のようなものじゃないでしょうか。

なにが言いたいかというと、「いかにもプロレスラー」的なレスラーはまず総合格闘技で通用しないんじゃないかということです。

そして、現在の有名なプロレスラーの多くは「いかにもプロレスラー」的です。

棚橋弘至、オカダ・カズチカ、KENTA、後藤洋央紀、宮原健斗、丸藤直道、清宮海斗‥。

桜庭和志のようなタイプのレスラーは見当たりません。KENTAはノア時代にキックボクシングを習っていた時期もありましたが、あれはレスラーとしての個性を出すのが主たる目的でした。現在のKENTAはWWEでの経験もあり、「いかにもプロレスラー」なヒールレスラーとして開花していますね。

視聴率をとるためにプロレスラーを参戦させるなら、それは有名なレスラーでなければ意味がありません。しかし、現在の有名レスラーの多くは総合格闘技にアジャストできないでしょう。

もしもオカダ・カズチカが2~3年プロレスを休業して総合格闘技のトレーニングに集中して取り組んだら、とんでもないヘビー級日本人ファイターが誕生するかも知れません。

しかし、そんなオカダ・カズチカを「プロレスラー」と呼んでいいんでしょうか?

絶対にそのようなツッコミは入ると思います。オカダ・カズチカという才能の塊がプロレスから総合に方針転換しただけであって、オカダの勝利をもって「プロレスは強い」とはならないのではないかと。

プロレスは次から次へのスターが生まれてくるので、すごく皮肉なことなんですが、オカダが総合の練習のためにプロレスを休業していたら、彼のプロレスラーとしての知名度はどんどん下がり、総合デビューした頃はプロレスファンは彼に興味を失っているという最悪の結末だってありえます。視聴率どころじゃないですよね。

プロレスラーの概念というのも曖昧ですよね。

いちどでもプロレスの大会に参戦したことのある人をプロレスラーと呼ぶなら、愛媛プロレスでシバターと対戦した朝倉未来だってプロレスラーです。青木真也だってDDTに参戦したりしているのでプロレスラーです。しかし、彼らをプロレスラーと呼ぶことに違和感を抱く人は多いとハズです。

ひと昔前に比べてプロレスも多様化しているので、プロレスラーの定義すらよく分からなくなっているような気がします。

オカダや棚橋レベルの有名プロレスラーを参戦させれば、多少なりとも視聴率は上がると思います。しかし、彼らの能力を否定するワケではありませんが、まず勝利できない可能性が高いですし、試合も面白くならないと思います。あと、彼らの所属する団体が絶対に参戦を許可しないですよね。

僕もプロレスは大好きなので、RIZINと有名レスラーが交差する瞬間は観たいんですが、どうも現実的ではなさそうですね。でも、どこかで諦めきれない気持ちがある。それが僕のようにPRIDEを観てきた人間の素直で厄介な感情だと思います。

ちなみに、俺がツイッターで散々ネタにしてきた森嶋猛のRIZIN参戦がもしも実現したら、責任をとって(言い方)しっかり現地観戦して、その戦いぶりを当ブログにて詳細にご紹介したいと思います笑。

Follow me!

RIZINのリングにプロレスラーが立つ日は来るのか!?” に対して1件のコメントがあります。

  1. Awesome post! Keep up the great work! 🙂

    1. neyagawa1988pro より:

      Thanks for reading the blog!
      I am very happy.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。