もはや恒例行事「なんでこの試合を放送しないんだ!」問題

大晦日に開催されるRIZIN.20の試合順が決定しました。休憩を挟んだ後半の5試合は生放送されるとのことです。生放送されるカードを順番に見ていくと、

リンジー・ヴァンザント vs. RENA

朝倉未来 vs. ジョン・マカパ

浜崎朱加 vs. ハム・ソヒ

那須川天心 vs. 江幡塁

朝倉海 vs. マネル・ケイプ

というラインナップになります。

メインを飾るのは朝倉海vsマネル・ケイプのRIZINバンタム級タイトルマッチ。他のメンツは那須川天心、浜崎朱加、朝倉未来、RENAとやはり知名度が高い選手が生放送に起用されました。

これはもはや恒例行事と化しているんですが「なんでこの試合を流さないんだ!」問題がはやくも巻き起こっているんですよね笑。

今回はライト級GPも開催されるんですが、そのGPの決勝は前半のラスト、つまり休憩前なので生放送はされないんですよね。これを不満に感じている人もいるようです。

生放送の一発目に流れるのはRENAの試合なんですが、これについても「なんでRENAなんだよ!」みたいなことを言っている人もいますね。試合順についても、ライト級GP決勝がRENAの試合の前なのが気に入らない人もいるようで‥。

自分が好きな選手、注目している対戦カードが生放送されない、もしくは試合順が前にまわされているのがムカつくという気持ちは分かります。

僕だって、元谷友貴vsパトリック・ミックスを生で全国の皆さんに観て欲しいという気持ちはあるんですよ笑。

でも、そうはいかない事情があると思うんです。

大晦日のRIZINは毎年それほど良い視聴率を出せているワケではありません。ぶっちゃけ、いつ放送が打ち切られたり、枠が縮小されてもおかしくないんじゃないでしょうか。

そんな状況である以上、RIZINの運営もフジテレビも「ある程度視聴率が取れそうな対戦カード」で勝負したいという安全策をとるのは当たり前だと考えています。

視聴率を確保するには、普段はそれほど格闘技に興味がない人たちがチャンネルを変えずにいてくれるような対戦カードを連続して組む必要があるんだと思います。そうなると、あのカードを生放送するのは極めて妥当だと思います。

ライト級GPは僕も本当に注目していますし、面白くなると思います。しかし、登場するのは全員が外国人で、ミルコのような高い知名度を誇る選手はひとりもいません。

そんな状況でライト級GPを生放送に組み入れたりしたら、なかなか悲惨な視聴率になってしまうんじゃないかという怖さがあります。

生放送されるカードを見ると、たしかに知名度の高い選手ばかりです。「結局は知名度が最優先かよ!」と文句を言う人もいそうですが、知名度が最優先なのは当たり前だと思っています。

大晦日の生放送なんて、RIZINを一般の人に見てもらう絶好のきっかけです。つまりは入り口です。入り口は知名度の高い選手で分かりやすく彩ってあげた方が良いんじゃないでしょうか?

僕は元谷友貴が本当に好きなんですが、彼は残念ながらRIZINへの入り口を分かりやすく彩れるような選手ではありません。それは現在の彼の役割ではないんです。

那須川天心、RENA、朝倉兄弟らは、メディアへの出演やYouTubeを通じて、一般の人たちにもRIZINの存在を知ってもらえるような活動を地道にやってきました。

クソ忙しい中、一般層へのRIZIN浸透活動を行ってくれていた彼らに、大晦日の生放送という最も一般層に観てもらえるチャンスを与えることは、当たり前のことじゃないでしょうか?
(追記:これは「RIZINの広報活動を頑張っていたからチャンスをあげるべき」というのではなく「一般層むけのRIZIN浸透活動を熱心に行い、結果的に一般層での自身の知名度も向上させた選手が最も一般層の目に触れやすい大晦日に生放送のチャンスを得るのは自然なこと」という主張です。分かりにくくて申し訳ありません。このような選手が登場することが視聴率のアップにもつながると思っています。)

大晦日にはRIZINが5時間45分も放送されます。生放送より前の時間帯では、29日に開催されるBELLATOR JAPAN やRIZIN.20で生放送前に行われた試合からいくつかの試合をピックアップして流すのだと思います。

つまり、面白い試合をすれば、生放送ではないにしてもフジテレビの全国放送で試合を流してもらえるチャンスがあるワケです。これって、選手にとってはすごい発奮材料になると思います。「自分を売るチャンスだし、すごい試合をみせよう!」となるんじゃないでしょうか。

もしかしたら、29日・31日ともに熱い試合の連続になるかも知れません。

やたらと文句の出ている今回のテレビ中継ですが、僕はけっこう平等なんじゃないかと思っています。

あと、これって本当に使い古されたセリフなんですが、どうしてもフジテレビの放送に不満がある方は実際に会場に行かれるかPPVを購入された方が良いかと思います。

僕は今回会場で生観戦するんですが、PPVでひとり観戦するのも楽しいですよ!アレ、けっこう臨場感ありますから。

とにかく、僕はひとりの格闘技ファンとして、今回のテレビ中継が成功裏に終わり、みんなが元谷友貴という無口な格闘家に注目してくれることを切に願うばかりです笑。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。